2016年12月9日

【コラム】石油元売り大手5社 現在の状況

石油元売り各社は、ガソリンの需要低迷でコスト削減等を目的に経営統合を進めています。
今回のコラムでは、石油元売り大手5社の現在の状況を簡単にまとめてみました。

JXホールディングス(ENEOS)


時価総額、売上高、店舗数のシェアにおいて石油元売りのトップ。
東燃ゼネラル石油と2016年8月に経営統合契約を締結、2017年4月に経営統合予定。
経営統合後は、店舗シェアは合わせて約4割を超える予定

基本データ


売上高 約 8.7兆円(2015年度)
参照元:損益計算書 | 株主・投資家情報 | JXホールディングス

時価総額 約 1.2兆円(2016年12月現在)
参照元:JXホールディングス(株)【5020】:株式/株価 - Yahoo!ファイナンス

店舗数 10,450
セルフスタンド数 2,791(セルフの割合 27%)
※1

出光興産(出光)


2015年11月に昭和シェル石油と経営統合に関する基本合意書を締結。
その後、創業者の反対により経営統合は難航。2017年4月に予定していた経営統合は延期。
現在は資本提携を模索中。

基本データ


売上高 約 3.6兆円(2015年度)
参照元: 業績ハイライト(連結) - 財務ハイライト - 出光興産

時価総額 約 4,800億円(2016年12月現在)
参照元:出光興産(株)【5019】:株式/株価 - Yahoo!ファイナンス

店舗数 3,632
セルフスタンド数 1,108(セルフの割合 30%)
※1

東燃ゼネラル石油(ESSO・Mobil・ゼネラル)


現在、JXホールディングスと2016年8月に経営統合契約を締結、2017年4月に経営統合予定。
経営統合後は、店舗シェアは合わせて約4割を超える予定

基本データ


売上高 約 2.6兆円(2015年)
参照元:主要財務データ - 東燃ゼネラルグループ

時価総額 約 4,500億円(2016年12月現在)
参照元:東燃ゼネラル石油(株)【5012】:株式/株価 - Yahoo!ファイナンス

店舗数 3,379
セルフスタンド数 1,192(セルフの割合 35%)
※1

コスモエネルギーホールディングス(コスモ石油)


石油元売り 大手5社のうち唯一経営統合の予定なし。
コスモ首脳陣は、再編に対して門戸は常に開いていると語っているが、財務体質が悪く業界内での評価が厳しいとされています。
参照元:コスモエネルギーホールディングスは他社と「結婚できる」会社に変われるか? | プレジデントオンライン | PRESIDENT Online

売上高 約 2.2兆円(2015年度)
参照元:決算期別 財務情報 | 投資家情報 | コスモエネルギーホールディングス

時価総額 約1,400億円(2016年12月現在)
参照元:コスモエネルギーホールディングス(株)【5021】:株式/株価 - Yahoo!ファイナンス

店舗数 2,982
セルフスタンド数 1,042(セルフの割合 35%)
※1

昭和シェル石油(昭和シェル)


2015年11月に出光興産と経営統合に関する基本合意書を締結。
その後、出光創業者の反対により経営統合は難航。2017年4月に予定していた経営統合は延期。
現在資本提携を模索中。

基本データ


売上高 2.2兆円(2015年)
参照元:決算短信 - 昭和シェル石油

時価総額 約 4,200億円(2016年12月現在)
参照元:昭和シェル石油(株)【5002】:株式/株価 - Yahoo!ファイナンス

店舗数 3,167
セルフスタンド数 975(セルフの割合 31%)
※1



※1 店舗数、セルフスタンド数は、ガソリン価格比較サイト gogo.gs に2016年12月現在掲載されている店舗数です。実際の店舗数とは異なる場合もありますのでご注意ください